労働契約について
  労働契約とは
  労働契約と就業規則
  契約の締結:採用
  試用期間
  契約の終了:退職と解雇

守らなければならない労働条件
  労働時間
  休憩時間
  休日
  時間外・休日労働
  管理職等の扱い
  休暇

社会保険について
  制度の概要
  入らなければならない会社
  会社の加入手続
  加入する人/しない人
  保険料

いざというときの手続
  入社したとき
  退職したとき
  結婚したとき
  子供が生まれたとき
  けがや病気をしたとき

覚えておくと役立つ知識
  扶養に入る条件
  公的年金の体系
  人事のスケジュール

人事制度
  概要

  等級制度
  報酬制度
  評価制度

給与について
  給与に関する法規制
  給与計算の手順
  給与計算の支給項目
  給与計算の控除項目

助成金

人事関連書式集

 


 守らなければならない労働条件

 管理職等の扱い

 

管理監督者については、労働時間、休憩、休日に関する規制を受けないとされています。
すなわち、時間外労働や休日労働をしても、何の制限もありません。

その意味は、管理監督者は経営者と一体であり、誰かの指揮監督下にあるわけではなく、自己の判断により業務を執り行い得るため、規制の必要なしということです。

しかしながら、 ”マネージャー”等の名称を付与さえすれば、規制を受けなくなるかというと、そうではありません。

役職にふさわしい規模の部下を使用していること、重要な職務と責任があり自己の裁量で労働時間の枠を超えて活動することが要請されていること、給与や賞与等の待遇がその地位にふさわしいものであること等により、実態を鑑みて総合的に判断されます。

 

管理職等の扱いQ&A

Q1.労働時間の規制、休日・休憩の規制を適用しない「管理職」と認められるには具体的にどのような判断基準がありますか?

Q2.管理監督者が規制(適用)を受けるものはないのですか?

A2.深夜業の規制と年次有給休暇の規制は受けます。

 

 

当サイト管理者の事務所サイト(http://www.hmpartners.jp)も併せてご参考にして下さい。


 

 

 

 


 

 

 

 

 


Copyright (c) 2002 senmon.com All Rights Reserved.